「WASIL Fabric Art Line」(ワシル) ブランド立ち上げの背景




大阪府堺市には浴衣や手ぬぐいなどの染色商品を中心に、地場産業として古くから織布工場、染色工場、和晒工場がありました。しかしながらこれらの産業はライフスタイルの変化により年々需要が縮小していました。


また、全く予測していなかった昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、インバウンド需要が激減するという時世の急激な変化の直撃を受けて、市場は大変厳しい状況になりました。


これらの変化に対応し、既存のお客様・取引先様(ひいては和晒の業界全体)と一緒に成長できるよう、浴衣でもない、手ぬぐいでもない自社商品を開発しようとプロジェクトをスタートしたのが5年前。紆余曲折を経てきましたが、伝統産業である「和晒」の新しい価値をつくりだし、「和晒とモダンアートの融合」をコンセプトに新感覚のインテリアアートブランド 『WASIL Fabric art line』を立ち上げることができました。


まだ生まれたばかりの、これからのブランドですが、皆様に応援していただけるようなブランドに育てていく所存です。

大阪、堺発の新しいインテリアアートブランド「WASIL」のこれからを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社 三共晒 中野泰司




閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示